ライブ・エンド・ロールをお請けする上で
以下はお請けするための条件となります。
1:披露宴会場側の許可が得られること。 もし会場側が「外注の業者にそのようなリスクの大きいことは任せられない」と難色を示した場合は…こちらをお読み下さい>>
2:披露宴会場側から100V電源(普通の家庭用コンセントです)が近くにある、A4サイズのノートパソコンを2台以上並べられる程度の作業スペースを提供して頂けること。 そのスペースが挙式直後から使用可能であること。
3:会場側の設備となるプロジェクターで、予め当方で作成したDVDが上映可能であるかテストして頂けること。
4:期日の3日前までに、御客様の側で文字部分の原稿を文書ファイルないしは電子メール文面などの、パソコンで読み出せる電子文書としてご用意頂けること。作品には、その文面をコピー&ペーストして使用させて頂きます。
5:音楽は基本的には著作権問題に触れないロイヤリティ・フリーの素材を使わせて頂きます。感動的なクラシックの音楽となります。
それ以外のお好みの音楽を使いたい場合も、御相談に乗ります。 音楽に関してより詳しく知りたい場合は、こちらをお読み下さい>>
6:長さは、長くても5分強程度です。
7:ライブ・エンド・ロール作成に当たっては、撮影・編集の計2名のスタッフが入ることになります。
撮影スタッフは、記録ビデオと同時にお申し込みの場合であっても、それとは別の者が加わることを御了承下さい。

ライブシネマ

Top
結婚式ビデオ
Introduction
結婚式記録ビデオ
プロフィール・ビデオ
ライブ・エンド・ロール
ライブビデオ、イベント撮影
Introduction
ライブビデオ
イベント・パーティ撮影
卒園式撮影(PDF)
その他の業務
ミュージック・ビデオ
一般宣伝ビデオ
その他
各種情報
Q&A
メール
ご注文フォーム
ライブシネマについて
サイトマップ