島田 元(しまだはじめ)
島田元・写真 ライブシネマ代表。1959年京都生まれ。
学生の頃より8ミリを製作し、監督作『リトル・ウィング』で、ぴあフィルムフェスティバル'82 に入選。商業ベースの仕事としては、'91年、テレビアニメ『緊急発進セイバーキッズ』を皮切りに脚本を多数執筆。翌'92年にはテレビドラマ『パスカルの群』を演出、関西テレビでオンエアされ、現在はDVD化されている。
その他、企業のプロモーションビデオや、ビデオシネマ、テレビドラマの演出を手がける。BS-i制作で脚本・監督をした『スパイ道〜女スパイ編〜/一日スパイまどか』『先生道/哀愁のハーモニカ先生』はいずれも地上波TBSでオンエアされ、前者は2005年に渋谷シネ・ラ・セットで劇場公開されている。
メインの活動は脚本・演出だが、劇映画のスタッフとして照明部や音楽の経験もある。音楽業界に知人が多く、自らバンドに参加していた時期もある。
またブライダルビデオは黎明期の80年代初頭から手がけ、外注ではない会場提携カメラマンとしての経験も豊富。現在も複数の会場で提携業務を継続している。
ライブシネマのメインスタッフであり、カメラ、編集など全ての業務を行っている。
協同組合日本シナリオ作家協会会員。
朝倉加葉子(あさくらかよこ)
愛媛県生まれ。
テレビ番組のADや自主映画の助監督などを経て、2007年、自らの脚本による『ハートに火をつけて』が映画美学校第8期フィクションコース高等科修了作品に選ばれ、同校の出資により監督。
商業作品としてはBS-i制作『怪談新耳袋 百物語/第109話 空き家』で脚本・監督を担当。またキングレコード製作による長篇劇映画監督作品『クソすばらしいこの世界』をオール・アメリカ・ロケで完成、2013年に公開。2015年には、ゆるめるモ!主演で『女の子よ死体と踊れ』を監督した。
外国映画の予告編編集も多く手がけている。
ライブシネマではカメラマンの他、披露宴撮影等における現場ディレクターを担当。結婚式撮影に関しては、外注ではない会場提携カメラマンとしての経験もある。
森内健介(もりうちけんすけ)
映画美学校出身。
オリジナルDVD『ほんとうにあった怖い話』シリーズで脚本・監督を手がける。
テレビ番組の編集経験も豊富。
ライブシネマでは各種業務のカメラマンとライブ・エンド・ロールの編集を担当。結婚式撮影に関しては、外注ではない会場提携カメラマンとしての経験もある。
松本岳大(まつもとたけひろ)
カメラマン。ライブシネマスタッフの島田元、保坂大輔の作品のほか、日本を代表する映画監督のひとりとして海外でも注目される黒沢清監督の短篇『ココロ、オドル。』('04)の撮影を手がけている。また『忘れられぬ人々』('00)などの作品で知られる篠崎誠監督の製作あるいは演出作品に起用されることも多い。
長篇劇映画では、北野武監督作品のグラフィック・デザインのアートディレクターとして活躍する中平一史が監督した『爆発!スケ番☆ハンターズ 〜総括殴り込み作戦〜』('10)の撮影を担当。同作は渋谷のシアターNで公開され、DVD化もされている。
ライブシネマでは主にライブビデオのカメラマンを担当。
川村清人(かわむらきよと)
福島県生まれ。
立教大学卒業後、映画美学校フィクションコースに入学。映画製作を学ぶ。
卒業後、現場助監督を経て、現在、フリーで編集など、映像関連業務を行っている。
近作『forgive』は、2010「山形国際ムービーフェスティバル」映像部門最優秀賞 、2010「沖縄映像祭」「成城大学映画祭TAKE∞」共に観客賞、「広島映像展」演技賞など、立て続けに受賞。2011年は札幌国際短編映画祭にも入選を果たした。
元アイドリング!!!の森田涼花主演の長篇劇映画『あなたの知らない怖い話 劇場版』('12)でも監督を務めている。
ライブシネマでは、各種業務のカメラマンを担当。ライブ・エンド・ロールの編集も行う。
四宮秀俊(しのみやひでとし)
映画美学校出身。
ライブシネマ・スタッフの川村清人監督作品『forgive』など、数多くの自主制作作品で撮影を担当、その実力はドイツで行われた映画祭のフランクフルトニッポンコネクションで“Cinematographer Hidetoshi SHINOMIYA”特集が組まれるほど。
テレビ『まんが日本昔ばなし』の脚本でも有名なベテラン沖島勲監督作品『怒る西行』('09)や、自主製作映画の単館ロードショーでは異例のヒットとなった『へんげ』('11)でも撮影を手がけている。
ライブシネマでは、各種業務のカメラマンを担当。
保坂大輔(ほさかだいすけ)
1977年東京生まれ。
立教大学在学中に制作した『ダイナマイト青春』が2000年の京都国際学生映画祭で入選。その後、映画美学校に入学。撮影を手がけた『人コロシの穴』('03)はカンヌ国際映画祭シネフォンダシオン部門に正式出品された。初の長編監督作品『世界は彼女のためにある』は'05年の夕張国際ファンタスティック映画祭で、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞を受賞。現在はBS-i製作のテレビドラマ等の演出を手がけるほか、2011年には『呪怨』シリーズで知られる清水崇監督の長篇劇映画『ラビット・ホラー3D』(第68回ヴェネツィア国際映画祭正式招待作品)の脚本を担当した。
ライブシネマではカメラマンを担当。
西山洋市(にしやまよういち)
ライブシネマ外部協力スタッフ。1959年横浜生まれ。
映画監督・脚本家。映画美学校の講師をしている。劇映画・オリジナルビデオなど、演出作多数。最近作に長篇には『稲妻ルーシー』『運命人間』(いずれも'04)グラビア・アイドル森下千里主演のホラー『グロヅカ』('05)が、短篇には『INAZUMA 稲妻』('05)『死なば諸共』('06)がある。現在非常に注目を浴びている映画監督で、2005年にはお茶の水のアテネフランセ文化センターで6日間に渡り特集上映が組まれた。
その他、協力スタッフ多数。

ライブシネマ

Top
結婚式ビデオ
Introduction
結婚式記録ビデオ
プロフィール・ビデオ
ライブ・エンド・ロール
ライブビデオ、イベント撮影
Introduction
ライブビデオ
イベント・パーティ撮影
卒園式撮影(PDF)
その他の業務
ミュージック・ビデオ
一般宣伝ビデオ
その他
各種情報
Q&A
メール
ご注文フォーム
ライブシネマについて
サイトマップ