パソコンの方、スマホで表示が崩れる方はこちら
スマホ以外のモバイルサイトはこちら
       
結婚ビデオ ライブビデオ その他

創業10年、コストパフォーマンス最高のライブシネマにお任せ下さい!

格安で内容充実のブライダル(結婚式・披露宴・二次会)、ライブ撮影、保育園・幼稚園行事、その他イベントのビデオ撮影で定評があります。結婚式ビデオは複数の会場提携業者のカメラマンも任される安心の腕前です。
標準撮影/DVD納品、ハイビジョン撮影/Blu-rayディスク納品を承ります。
映画・テレビの現場で鍛えられたプロが複数カメラでの丁寧な仕事をお約束いたします。
まずは、町の写真屋さんに頼むような、気軽な感覚でご相談下さい!
tel: 090-6549-3932
業務範囲は東京・埼玉を中心に関東一円ですが、遠方の場合もお見積はします。
結婚式記録ビデオのハイビジョン撮影/blu-ray&DVD作成の料金を値下げしました。
結婚式記録ビデオの特別割引サービスを開始しました。
結婚式・ライブ・卒園式などイベントやパーティなど各種撮影が35000円から!

Tap! 安さの秘密(結婚式ビデオ)

会場を通して結婚式記録ビデオを頼んだ場合は、高額となります。これは価格の中に、会場側が取る分と提携業者の売上げが入っているからです。実際に作品作りをするカメラマンなどに支払われるのは、業者の売上げの一部に過ぎません。
ところが当ライブシネマの場合は、直接、技術者が請け負っているので、安く済むのです。問屋街で買うと安いのに似ていますが、それ以上の差があります。

Tap! 安さの秘密(ライブビデオ)

当方はインディーズやアマチュア・ミュージシャンの活動支援の意味を込めて事業を行っています。正直、この分野での実入りはあまり期待していません。音楽に関われることにやりがいを見出しています。
とはいえ趣味レベルではない、プロとして恥ずかしくない仕事はお約束します。

ブライダルビデオ

結婚式ビデオで、晴れの日の喜びを永遠に!
挙式披露宴だけではなく、二次会撮影も承ります! 挙式のみの撮影は35000円~、挙式・披露宴でも45000円(シンプルコース)~と、良心的な価格です。
また、プロフィールビデオ作成や、当日の様子を最後に上映する「撮って出し」のライブ・エンド・ロールも人気です!
外注(持ち込み)業者禁止の場合もご相談下さい!
今なら特別割引サービス実施中!

Tap! ここが違う!ライブシネマの結婚式ビデオ

最高のコストパフォーマンス
低価格ではありますが、テレビや商用ビデオの現場で鍛えられ、ブライダルでも経験豊富なスタッフが、高品質な作品作りをいたします。
忙しい時期も、有能なスタッフが空いているときのみ、お請けすることで、高クォリティを保っております。
マルチカメラの作品作り
ベーシック・コース以上では、無人カメラも含めて2台以上を回して編集時に活用します(シンプルコースは1台のみです)。
これによって、編集時にメリハリのある見やすいものとなり、さらにはこのように、2つのカメラの映像を同時に使うこともできます。
式場提携業者・外部業者を問わず、スタッフひとりでここまでやる業者は滅多にいません。
撮影だけではない高サービス
ブライダルビデオは一生の宝物。
親御様向けの分を含めた複数のDVD納品、仮編集段階での御客様チェックなど、御客様に本当に意味のあるサービスをさせて頂きます。
豊富な商品
式・披露宴の記録ビデオだけではなく、二次会の記録、当日撮って出しのライブ・エンド・ロールの作成、プロフィールビデオの作成などを扱っております。
その他
ライブシネマならではの特徴についてさらに具体的に知りたい場合は、こちらをお読み下さい。
他の外部業者はもちろん、式場提携業者にも稀なサービスばかりです。

Tap! 結婚式ビデオの必要性について

お蔭様でライブシネマの結婚式ビデオは好評で、「何度も観てます」というお褒めを頂くことも多いのですが。
確かにひとによってDVDなどを観る頻度に違いはあり、「仮に最初に満足しても何度も観るものではないから、不要かも…」とお考えになる方も、いらっしゃるかも知れません。
しかし結婚式ビデオは、お二人だけではなく親御様にとっても大切なもの(ライブシネマではベーシックコース以上では、予備・親御様の分も含め4セット納品します)。お二人以上に親御様は何度もご覧になることも多いのです。
その意味では、かけがえのない親孝行にもなりましょう。
そしてお二人にとっても-日常的に観ることは少なくても-何年か経ってから振り返ることの出来る「リアル感のある思い出の形」があることは、何よりも心強い、人生の彩りとなるはずではないでしょうか。
いまは想像できなくても、将来、大きくなったお子様と嬉し恥ずかしの思いをしながら、映像を楽しまれることもあるかも知れません。
何よりも、せっかくの人生の華やかな瞬間です。
「いつでも開けられるタイムカプセル」として手元に残せるのであれば。その方が、式・宴についやした苦労も報われるのではないでしょうか。
皆さまにとって結婚式や披露宴が必要なものであるならば…その記録を残すビデオも、また必要と言えるのではないでしょうか。

Tap! 結婚式ビデオ、プロとアマチュアの違いは?

プロとアマチュアどころか、映像のプロであっても結婚式ビデオの経験のあるひととないひととでは、歴然と違いが出てきます。
結婚式ビデオは、まともに撮ろうとしたら難度が高く、劇場公開映画のメインカメラマンをやってるようなひとでも「ものすごく大変」と言うようなものです。
まず挙式にしても披露宴にしても、ほとんどの会場が映像に撮ることを考えていません。
天井の照明とおふたりに当たるスポットの色合いが違うことなど日常茶飯事です。いきなり明るさが切り替わることも数多いです(ちなみにプロ以外の方は露出だけでなくピントもオートにすることが多いので、明るくなったとたん真っ白になるばかりでなく、数秒、ボケボケの画面が続くこともあります)。
しかも例えば理想のアングルが、場所的な条件で不可能なこともあります。例をあげると、披露宴でのおふたりの入場は正面からビシっと押さえたいものですが、部屋の造りやテーブルの配置で不可能なことがあります。だったら、せめてどう撮ればいいのかは、瞬間的な判断力が必要です。
さらに言えば、挙式全体や、披露宴内のスピーチ・余興など、始まったらカットできないような場面も多いです。この場合、最初から最後までNGなしで撮らなければなりませんので、カメラマンには高い技量が要求されます。
さらにこのような長回しをしていると、慣れてない方は専門用語で「逆タリー」という失敗をします。これは録画のオン/オフが逆になるというものです。例えば、スピーチが終わったところで、録画をオフにしたつもりが、力が入らずにできてなかった。すると、次からどうなるでしょうか。ここから撮ると思ったところで、ボタンを押してオフに、逆でオンにの繰り返し…考えただけで、恐ろしさが分かるでしょう。
もちろんファインダー内の録画表示を確認してれば大丈夫なのですが、普段やりなれない長回しばかりの撮影をやると疲れも手伝って、やりかねません。プロの報道の現場でさえ、たまに聞く話なのです(ちなみに当方は、これによる失敗はありません)。
もちろんプロが撮ったら、絵も色もきれいで、ピンぼけは少なく、手持ちでも見苦しいほどブレないという当然の結果となります。式や披露宴の流れを知っているので、進行表もすぐに頭に入って、必要な画面を的確に押さえます。
確かにアマチュアの「お友だちビデオ」には、独特の味わいがあります。それはそのような目的で楽しむべきもので、晴れの日の記録を残すのは「結婚式ビデオのプロ」に頼むべきでしょう。

ライブビデオ

ライブハウスやホールでの演奏を、マルチカメラと丁寧な編集で本格的なビデオ作品に仕上げます! しかも、とっても安価。対バンでまとめてご注文になる場合など、格安でお引き受けするケースもあります。

Tap! ここが違う!ライブシネマのライブビデオ

マルチカメラによる撮影
ライブシネマのライブビデオの特徴の第一としては、まずマルチ(複数)カメラによる本格的な作品作りが挙げられます。
最近では客席後方の据え置きのカメラで映像を記録してくれるライブハウスなどもありますが、ステージでの表情も見分けられない味気ないものになりがちです。
その点、マルチカメラではプレイヤーの魅力を余すことなく捉えることができます。
基本的にカメラは引きの画面用の据え置き1台と、寄りを押さえるための2台の計3台です。

音楽に合わせた作品作り
ライブシネマでは音楽に合わせた作品作りを心がけています。
演奏者が座って演奏するような場合は、カメラもなるべく落ち着いて。アクティブなロックの現場では、手持ちカメラで臨場感を演出します。
据え置きのカメラで切り替えるだけのビデオとは、ひと味もふた味も違うものとなります。
またスタッフはふだんから様々なジャンルの音楽を吸収することで、音に見合ったカメラワークを実現いたします。
編集によるクォリティ・アップ
マルチカメラでの素材をもとに、腰を据えた編集でクォリティを高めます。
ライブビデオはその場でスイッチング(カメラを切り替えること)して作ることもありますが、後から編集した方が、例えばドラマーがオカズを入れたときだけ短く挟み込めたりして、より生き生きしたものになるのです。
確かな実績
ライブシネマの手がけた作品は、多くのミュージシャンの物販DVDに使用され、好評を博しています。

イベント撮影

学校等、各種団体の式典や発表会、舞踏や演劇、団体・個人のパーティ等の記録を撮影し、丁寧に編集して仕上げます!
幼稚園・保育園の卒園式ビデオでは特に定評があります!

Tap! ここが違う!ライブシネマの卒園式ビデオ

2台以上のカメラの使用は、証書授与のときに特に効果を発揮します。
お子様が証書を受け取る顔の画面から、振り返った晴れやかな顔の画面へと、つなぐことができます。
撮って欲しい表情がしっかり撮れていると、皆さまに好評です。
また、お客様のご希望によっては、お子様の名前のエンドロールをつけ加えることもできます(別途料金はかかりません)。

プロモビデオ制作

映画や商用ビデオのスタッフが、あなたのプロモーション・ビデオを制作いたします!
バンドだけではなく企業や個人事業等の宣伝用ビデオの作成も可。お気軽に御相談下さい。

お葬式ビデオ

弔いとお別れのときを丁寧かつ迅速に記録ビデオにいたします。個人の方、葬祭業者様のいずれからもお請けします。

その他

その他、教育・プレゼン用のビデオ制作や、各種の記録等、ライブシネマの技術が活かせるお仕事をお引き受けします!
撮影のみ、編集のみのお仕事でも、お気軽に御相談下さい。
ライブシネマ / 島田元(しまだはじめ)
日曜・祝日等でもお気軽に御連絡下さい。
〒351-0115 埼玉県和光市新倉1-7-38
tel: 090-6549-3932
和光市役所課税課・朝霞税務署・埼玉県朝霞県税事務所 届出収受済 個人事業主
当サイトで利用している写真画像、動画等は、全て元になったビデオ作品の御客様の許可を得て使用してます。