Home >> 携帯用Home >> スタッフ紹介(携帯版)
スタッフ紹介

ライブシネマのスタッフを紹介します。
島田 元(しまだはじめ)
ライブシネマ代表。1959年京都生まれ。'91年、テレビアニメ『緊急発進セイバーキッズ』を皮切りに脚本を多数執筆。翌'92年にはテレビドラマ『パスカルの群』を演出、関西テレビでオンエアされ、現在はDVD化されている。その他、企業のプロモーションビデオや、ビデオシネマ、テレビドラマの演出を手がける。最近では2006年に、BS-i制作で脚本・監督をした『先生道/哀愁のハーモニカ先生』が地上波TBSでオンエアされ、好評を博した。
保坂大輔(ほさかだいすけ)
1977年東京生まれ。初の長編監督作品『世界は彼女のためにある』は'05年の夕張国際ファンタスティック映画祭で、ファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門の審査員特別賞を受賞。現在はBS-i製作のテレビドラマ等の演出を手がけている。ライブシネマでは松本岳大とともにカメラを担当している。
松本岳大(まつもとたけひろ)
カメラマン。上記ライブシネマスタッフの島田元、保坂大輔の作品のほか、黒沢清、篠崎誠といった日本有数の監督の作品の撮影を手がける。
朝倉加葉子(あさくらかよこ)
愛媛県生まれ。AD、助監督を経て『ハートに火をつけて』('07)を監督。ライブシネマではアシスタントカメラマンの他、披露宴撮影などの現場ディレクターも務める。
森内健介(もりうちけんすけ)
映画美学校出身。オリジナルDVD『ほんとうにあった怖い話』シリーズで脚本・監督を手がける。ライブシネマでは編集及びアシスタントカメラマンを担当。
西山洋市(にしやまよういち)
ライブシネマ外部協力スタッフ。映画監督・脚本家。映画美学校の講師をしている。劇映画・オリジナルビデオなど、演出作多数。最近作にグラビア・アイドル森下千里主演のホラー『グロヅカ』('05)などがある。現在非常に注目を浴びている映画監督で、2005年にはアテネフランセ文化センターで6日間に渡り特集上映が組まれた。
その他、協力スタッフ多数。

[1]HOME / [2]ライブ撮影 / [3]ブライダル関連 / [4]音楽プロモビデオ製作 / [5]一般宣伝ビデオ製作 / [6]イベント・パーティ撮影 / [7]その他の業務 / [8]Q&A
[#]友達に教える
[*]問合せ
[0]電話をかける:090-6549-3932(島田)

ライブシネマ