ライブ・エンド・ロール及びプロフィール・ビデオの音楽について
☆基本的には著作権フリーの音源を使います☆
☆お好みの音楽を使う方法もあります☆


ライブシネマでは、ライブ・エンド・ロール及びプロフィール・ビデオ作成時に使用する音楽は、基本的に著作権者が自由な使用を認めている(俗に言う)著作権フリーの音源か、その音源ソフトの使用権をライブシネマが認められているもの(例えばライブシネマがライセンスを購入した音楽)を使っております。記録ビデオの編集の際にも、後から付け加える(オープニングなどの)音楽は、こうした類のものです。
基本的には私どもの手元にある音楽からベストと思われるものを使って、編集もその音楽の良さを最大限に生かすようにしてますので、普通に見る分には充分感動的な仕上がりになると思います。ですがもちろん、選曲に関しては独自のこだわりのある御客様もいらっしゃいますよね。そのような方々の御希望ももちろん生かしたいとは考えております。まずは以下の文章をお読み下さい。
一般に皆さんがお好みになるポップスなどは、家庭内での私的使用を除いてダビングして使用するためには高い使用料が発生します。プロフィールビデオやライブ・エンド・ロールなども例外ではなく、もしも違反した場合(使用料を払わずに使用した場合)は、恐ろしいことに刑事罰の対象になります。つまり逮捕されるわけですね。当ライブシネマではこのような現状に対し、真面目に考えております。
では、私どもが作るプロフィールビデオやライブ・エンド・ロールに、既成の(使用料が発生する)ポップスは使えないのか?…御安心下さい。方法はあります。
使用したい音楽の長さに合わせて作品を作っておき、披露宴で会場側に音楽を流してもらうのです。つまり、新郎新婦入場や余興やケーキカットで好きな音楽を流してもらうのと同じように、ビデオ上映時に流してもらうのです。まともな披露宴会場なら、音楽著作権を管理している団体にまとめて使用料を払っているわけですから(そうじゃないと好きな音楽が使えない)、これなら問題はないはずです。新郎新婦様は会場との音楽の相談時に、他の部分で使う音楽の御指示と同様に「ビデオのときはこの音楽を使って下さい」と仰るだけでいいわけです。私どもも会場の音響さんが合わせやすいように、最初に3・2・1とカウントダウンの画面を入れておきます。
少しややこしい話かも知れませんが、よりややこしい問題を解決するためですので、ぜひとも御理解をお願いします。
以下は補足です。とても使用料を払ってるとは思えない低価格でありながら「音楽はご自由に選べます」と堂々と謳っている業者は怪しいと思って下さい。そのような業者は問題意識が低いわけですから、仕事もいいかげんになる可能性が高いです。何より権利意識が低いわけですから、撮影した素材を当のお客様の了解なく他の用途に使用してしまうということは、大いに考えられます。

ライブシネマ

Top
結婚式ビデオ
Introduction
結婚式記録ビデオ
プロフィール・ビデオ
ライブ・エンド・ロール
ライブビデオ、イベント撮影
Introduction
ライブビデオ
イベント・パーティ撮影
卒園式撮影(PDF)
その他の業務
ミュージック・ビデオ
一般宣伝ビデオ
その他
各種情報
Q&A
メール
ご注文フォーム
ライブシネマについて
サイトマップ